オリオンKLで発生した「水メーザーバースト」メカニズムの解明に前進…VERAとALMAで観測

宇宙 科学

国立天文台の廣田朋也助教が率いる研究チームは、VERAとALMAを連携して用いた観測によって、オリオンKLで発生した水メーザーバーストのメカニズムを解析した。

オリオンKLは、オリオン大星雲の中心にある赤外線星雲で、太陽の10倍以上の質量を持つ巨大な若い星など多くの星が誕生しつつある活発な領域で、スーパーメーザーと呼ばれる、大きな水メーザーバーストが十数年ごとに発生することが知られている。

研究チームは、2011年3月から発生した水メーザーバーストに対して、VERAによるモニタを観測した。これにより2011~2012年の間、3回のピークを捉え、2012年6月には最大強度(135000Jy)に到達したことが分かった。

また、水メーザーバーストを起こすガスが、電波源I(アイ)から離れて南西へと向かっていく運動を検出した。電波源Iは、オリオン大星雲にある生まれたばかりの大質量星。

ALMAを用いた観測によって、水メーザーバーストの発生位置が、コンパクトリッジという領域のギ酸メチル(HCOOCH3)と連続波放射のピーク位置と近いことが分かった。

研究チームでは、今回の観測結果から、水メーザーバーストが発生するメカニズムは、電波源Iからのアウトフローがコンパクトリッジにぶつかることにより、メーザーが明るくなるためと考えられるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集