モバイル環境から、社内の業務システムにアクセスする際の不正をブロック

エンターテインメント 話題

「SHIELD セキュリティゲートサービス」の概要
  • 「SHIELD セキュリティゲートサービス」の概要
株式会社日立システムズは10月30日、ハイブリッドクラウド環境の業務システムに社外からセキュアに接続・利用できるマルチデバイス対応の「SHIELD セキュリティゲートサービス」の提供を開始すると発表した。価格は100クライアントで250,000円から。「SHIELD セキュリティゲートサービス」は、モバイル端末に専用アプリケーションをインストールすることで、同アプリケーションが導入された端末からクラウドサービスや社内システムへ社外からアクセスする際、本サービスを自動的に経由するようにするというもの。

本サービス経由の際に、認証機能、不正サイトアクセスブロック機能、端末セキュリティチェック機能の3つの機能を提供し、モバイル端末がセキュアな状態で正しい業務システムへ接続することを実現する。これらの機能は随時新しいセキュリティリスクへの対策を行っているSOCから提供されるため、ユーザ側でセキュリティプログラムの更新などを意識することなく、社外からセキュアな状態で業務システムを利用することが可能となる。また、オプションで特定のシステムにだけアクセスを許可するホワイトリスト機能などのサービスも提供可能としている。

モバイルデバイスで社外から社内の業務システムにセキュアにアクセス(日立システムズ)

《吉澤 亨史》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集