丸順、通期業績見通しを下方修正…ホンダからの受注減の見込み

自動車 ビジネス 企業動向

丸順は、2015年3月期通期連結業績見通しを下方修正した。

売上高は、好調を維持していた中国をはじめ、その他の地域でも販売が今後鈍化する見通しとなったことにより、前回予想より40億円マイナスの640億円に下方修正した。

主要納入先のホンダが『フィットハイブリッド』のリコール問題で、新車投入を遅らせていることなども影響していると見られる。

収益面でもタイでの販売不振に加え、新機種用生産設備の投資負担の拡大で、営業損益は11億円の黒字予想から14億円の赤字に転落する見込み。経常損益も4億円の黒字から21億円の赤字、当期損益も25億円の赤字となる見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集