シャラポワが「シュガポワ」アピール

エンターテインメント 話題

イベントに登場した、女子プロテニスプレイヤーのマリア・シャラポワ選手
  • イベントに登場した、女子プロテニスプレイヤーのマリア・シャラポワ選手
  • マリア・シャラポワ選手
  • トーク中の様子
  • ハロウィンのパンプキンバケツを手にもっているシャラポワ選手
  • 「シュガポワ」が入ったパンプキンバケツを、ファンに手渡ししているシャラポワ選手
  • シャラポワ選手のファン
  • シャラポワ選手の全身ショット
  • シャラポワ選手のバックショット
 10月28日、都内にて『シュガポワ“ハロウィン・アンバサダー”イベント』が実施された。

 同イベントは、スイーツブランド「シュガポワ」をアピールするために行われたもの。

 シュガポワとは、女子プロテニスプレイヤーのマリア・シャラポワ選手がプロデュースしたスイーツ商品。“シュガー”と“シャラポワ”をかけ合わせたブランドネームで、2012年の夏からニューヨークで販売を開始。日本では、2013年の5月から輸入雑貨店「プラザ」各店舗で発売されている。

 商品パッケージに、リップ(くちびる)のマークが大きくデザインされているところが特徴で、リップ、ハート、スター型などをモチーフにした、色鮮やかなグミキャンディやテニスボール型のガムなど、数種類のラインナップがある。

 今回のイベントでは、シンガポールで開催された女子テニスのWTAツアー選手権に出場し、最終戦を終えたばかりのマリア・シャラポワ選手が、“ハロウィン・アンバサダー”として登場した。

 幼いころから甘いものが大好きだったシャラポワ選手は、“楽しめるお菓子”を作りたいという思いがあり、パッケージのデザインにもこだわった、ポップなイメージのスイーツ商品を考えたという。

 また、親日家でもあるシャラポワ選手は、カラフルで可愛いものがたくさんある日本に、シュガポワはピッタリだと思っていたと言い、「ハロウィンシーズンに楽しく食べてほしい」とコメントしていた。

 なお、シュガポワの標準小売価格は税別530円。売り上げの一部は、子どもたちの夢の実現を目的に設立された「マリア・シャラポワ財団(Maria Sharapova Foundation)」に寄付される。

シャラポワ選手が、ポップでカラフルなグミキャンディ「シュガポワ」をアピール

《ダイエットクラブ編集部》