パトカーが居眠り運転で当て逃げ、目撃通報で発覚

自動車 社会 社会

23日午前5時45分ごろ、愛知県豊山町内の国道41号を走行していたパトカーが、信号待ちをしていた大型トラックに追突する事故が起きた。双方の車両が小破したが、双方とも事故に気づかずにそのまま発進。目撃者の通報によって事故が発覚したという。

愛知県警・西枇杷島署によると、現場は豊山町豊場付近で片側2車線の直線区間。同署地域課のパトカーは信号待ちをしていた大型トラックに低速で追突した疑いがもたれている。

トラックとパトカーの双方とも衝突には気づいておらず、トラックはそのまま発進して交差点を直進。パトカーは左折進行したが、通行人が追突を目撃しており、警察に通報したことで発覚した。

パトカーは同署に戻ったが、この際に前部の記章が破損していることが発覚。トラックもバンパーに軽微な損傷があることがわかった。同署ではパトカーを運転していた37歳の男性巡査部長から道路交通法違反(事故不申告)容疑で事情を聞いている。

聴取に対して巡査部長は「一瞬だが、居眠りをしてしまったかもしれない」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集