燃料補助金、月収5千リンギ未満は全額、1万リンギ未満は一部=マレーシア第2財務相

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア クアラルンプール
  • マレーシア クアラルンプール
2015年6月に導入される「RON95」ガソリンの新補助金システムについて、アハマド・フスニ・ハナズラ第2財務相は、来年からは月収5,000リンギ未満は補助金全額、5,000-1万リンギ未満は一部を受け取れるようになると明らかにした。

ただ補助金システムの実施方法については、関係各省庁のトップによる曖昧な発言もあって様々な臆測が流れている。マレーシア消費者協会(FOMCA)は、事前に補助金が受けられない高所得者の定義をはっきりさせるべきと注文をつけた。

先ごろチュア・ティーヨン副財務相は収入に応じて受給を決めることは基本的に決まっているものの、どの受給制限をいくらに設定するのか、どうやって給油時に判別するのかといった具体的メカニズムについてはまだ最終的に決まっていないと述べていた。

また国内取引共同組合消費者行政省のアリアス・アハマド事務次官は、多機能身分証明カード「MyKad」の提示を求める他、指紋確認などの生体認証システムを導入する可能性があると言明。受給資格者が国取省に申請して「フリートカード」の発給を受けることになるなどと述べていた。

国取省は10月2日付けで「RON95」とディーゼル油の小売価格を1リットル当たりそれぞれ20セン引き上げ、それぞれ1リットル2.30リンギ、ディーゼル油が2.20リンギとした。「RON95」の補助金なしの市場価格は2.58リンギ程度、ディーゼル油は2.52リンギ程度となっている。
伊藤 祐介

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品