川崎重工、中間期業績見通しを上方修正…為替差益効果で

自動車 ビジネス 企業動向

川崎重工業は、2014年9月中間期連結決算の業績見通しの修正を発表した。

売上高は前回予想より166億円増の6334億円、営業利益が11億円増の231億円と、ほぼ前回予想並みとなった模様だ。

経常利益は9月以降の急激な円安によって、為替差益などが想定を上回り前回予想より89億円増の259億円となる見込み。純利益も56億円増の181億円となった模様で、大幅増益となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集