大型スクールバス運転中に脳内出血…意識もうろうで農地へ

自動車 社会 社会

20日午前7時ごろ、岩手県大船渡市内の市道を走行していた大型観光バス(スクールバス)が路外に逸脱。道路左側の農地に突っ込む事故が起きた。運転していた60歳代の男性は運転中に脳内出血を起こしたものとみられ、意識不明の重体となっている。

岩手県警・大船渡署によると、現場は大船渡市赤崎町付近で幅員約4mの緩やかなカーブ。大型観光バスは右カーブを進行中に道路左側の路外に逸脱。農地に突っ込み、さらに立ち木へ衝突した。

衝突によってバスは小破。運転していた60歳代の男性に目立つ外傷は無かったが、事故直後は意識が朦朧とした状態。さらに後には意識を失った。運転中に脳内出血を起こしたものとみられ、近くの病院へ収容されたが、重体となっている。

バスは大船渡市から委託を受けた盛岡市内の業者がスクールバスとして運行している。事故が起きた現場は本来の運行コースから外れており、警察では関係者からも事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集