アウディ、メキシコに訓練センターを開業…工場稼働へ準備

自動車 ビジネス 企業動向

アウディのメキシコ訓練センター
  • アウディのメキシコ訓練センター
  • アウディQ5
ドイツの高級車メーカー、アウディは10月21日、メキシコに新たな従業員の訓練センターを開業した。

アウディは2012年4月、メキシコで2016年から現地生産を行う計画を公表。同年5月には、生産車種がSUVの『Q5』になるとアナウンスしていた。そして同年9月には、工場建設地をプエブラ州サンホセチアパに決定。現地生産に向けた準備を、着々と進めている。

2013年5月には、メキシコ工場の起工式を実施。アウディのメキシコ工場は、2016年半ばに操業を開始し、Q5を年間最大15万台生産する計画。同工場製のQ5は、米国などに出荷される予定。新工場建設に伴い、3800名の直接雇用と、最大2万人の間接雇用を創出する。

今回、アウディは、メキシコに新たな従業員の訓練センターを開業。この訓練センターはメキシコ工場の一部となる予定で、2万平方mの広さを持つ。従業員が、アウディの生産システムを学ぶための施設に位置づけられる。

アウディの生産担当、フーベルト・ヴァルトル取締役は、「トレーニングセンターは、メキシコ新工場の建設において、重要なマイルストーン」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集