シャープ、車載HUDなどのディスプレイ光源用赤色半導体レーザーを発売

自動車 ビジネス 企業動向

シャープ・赤色半導体レーザ GH0631IA2G
  • シャープ・赤色半導体レーザ GH0631IA2G
シャープは、業界最高となる光出力180mWを実現した赤色半導体レーザ「GH0631IA2G」を開発。車載ヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)や小型プロジェクターなどのディスプレイの光源用として発売すると発表した。

車載HUDは、安全運転をサポートするシステムとして普及拡大が見込まれ、光源として、高輝度で省エネ性に優れる高出力の半導体レーザが求められている。

今回シャープが開発した赤色半導体レーザは、半導体レーザチップの構造や材料の組み合わせを工夫することにより、波長638nmで業界最高の光出力180mW(25度)を実現する。さらに、高温動作時(65度)でも120mWの高出力を維持。HUD用光源に必要な3原色のうち、高輝度な赤色が表示できる。

また、業界最高の変換効率33%により、効率良く電気を光出力に変換するため発熱を抑制し、搭載機器の放熱設計の簡略化や小型化に貢献する。

開発品のサンプルは5000円で10月21日より出荷を開始。12月22日より月産1万台で量産を開始する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集