【ジャパンカップ14】ガーミンのネイサン・ハースがスプリント勝負を制して2度目の大会制覇

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

シャンパン!(ジャパンカップ14)
  • シャンパン!(ジャパンカップ14)
  • スプリント勝負をハースが制す(ジャパンカップ14)
  • 優勝したハースを抱きしめるマーティン(ジャパンカップ14)
  • 優勝してチームスタッフと喜びを分かち合うハース(ジャパンカップ14)
  • 勝利を手にしてマーティンと握手するハース(ジャパンカップ14)
  • 優勝メダルとハース(ジャパンカップ14)
  • ハースが2度目の優勝(ジャパンカップ14)
  • 古賀志山にガーミンの選手たちの似顔絵が(ジャパンカップ14)
10月19日に栃木県宇都宮市で行われた2014ジャパンカップサイクルロードレースはオーストラリアのネイサン・ハース(ガーミン・シャープ)がスプリント勝負を制して2011年に続く大会2勝目を挙げた。

「日本が大好きなので、今日はここに来たファンの皆さんのために優勝しました!」とハースは何度もピースを出し、会場にいる大勢の観客に手を振る。

2011年はUCIコンチネンタルチームのジェネシス・ウェルスアドバイザーズに所属していたハース。同年のジャパンカップで優勝し、翌2012年シーズンからUCIプロチームのガーミンで走ることになった。当時まだ22歳だった。

「ここはぼくにとって特別な場所。本当に嬉しい」と、キャリアのジャンプアップのきっかけとなった宇都宮で再び優勝できたことに喜びを隠せない。ハースは「また来年も戻ってきたい」と力強く宣言してくれた。

2位はエドバルド・ボアソンハーゲン(スカイ)、3位はグレガ・ボレ(ビーニファンティーニ・NIPPO)が入った。
《五味渕秀行@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

特集