飲酒運転による事故で逮捕の少年「運転していない」

自動車 社会 社会

16日午前2時45分ごろ、佐賀県唐津市内の市道でパトカーの追跡を受けていた乗用車が路外に逸脱。街路樹に衝突した後、団地の駐車場へ突っ込む事故が起きた。警察はクルマを運転していた19歳の少年を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

佐賀県警・唐津署によると、市街地でヘッドライトをハイビームにしたまま走っている乗用車をパトロール中の署員が発見。パトカーのマイクを使って運転者に呼びかけたところ、クルマは速度を上げて逃走した。

パトカーはただちに追跡を開始。クルマは約2kmに渡って逃走したが、この間に信号も無視。最終的には唐津市和多田付近の市道を走行中に路外へ逸脱して街路樹に衝突。道路に隣接する団地の駐車場に突っ込み、駐車中の軽乗用車4台に次々と衝突した。

この事故でクルマを運転していた同市内に在住する19歳の少年と、同乗していた18歳の男性が打撲などの軽傷を負った。少年からは酒気帯び相当量のアルコール分が検出されており、警察は道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

聴取に対して少年は「自分は運転していない」などと供述しており、警察は同乗者からも事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品