4人乗りバイクを運転した結果の死傷事故、30歳男を逮捕

自動車 社会 社会

8月中旬に福岡県行橋市内の市道で発生した4人乗りバイクと乗用車の衝突事故について、福岡県警は14日、このバイクを運転していたとして、苅田町内に在住する30歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許運転致死傷)容疑で逮捕した。

福岡県警・行橋署によると、問題の事故は2014年8月16日の午前0時5分ごろ発生している。行橋市中央2丁目の市道交差点を進行していた4人乗りバイクと乗用車が出会い頭に衝突。バイクは転倒し、路上に投げ出された31歳の男性が死亡。20歳の女性が頭部強打の重傷、16歳の女性が打撲などの軽傷を負った。乗用車の運転者にケガはなかった。

バイクを運転していたのは30歳の男で、男も事故によって胸部骨折などの重傷を負ったが、その後の調べで無免許だったことが判明。捜査に支障がない状態まで回復したため、14日朝に逮捕した。

事故を起こしたバイクは男が知人から借り出しており、警察では4人乗りで走行した経緯について男を厳しく追及する方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集