【ジャパンロボットウィーク14】iPhone で操作できる“成長する”ロボットも登場

エンターテインメント 話題

“体感型エデュケーショナルロボット”「Romo(ロモ)」(iPhone本体の下部部分)
  • “体感型エデュケーショナルロボット”「Romo(ロモ)」(iPhone本体の下部部分)
  • コネクタ形状にあわせて2種をラインアップ
  • 「Romoアプリ」画面
  • 「Romo Control」画面
  • セールス・オンデマンドのブース(写真はInterop 2014)
 10月15日~17日の3日間、最新のサービスロボットを紹介する「Japan Robot Week 2014」が東京ビッグサイトで開催される。サービスロボットに関連する企画・展示のほか、「第6回ロボット大賞」の表彰式・合同展示、各種フォーラムも開催される。

 セールス・オンデマンドは、“体感型エデュケーショナルロボット”「Romo(ロモ)」を出展。Japan Robot Week 2014で実物を見ることが可能だ。

 「Romo(ロモ)」は、iPhoneを搭載することで動き、プログラムも可能なロボットだ(無料アップデートに対応)。アプリが頭脳の役割を果たし、動かすことで成長するため、楽しみながら子どもの論理的思考や想像力、思考力を育めるのが特徴だ。また、iPhoneのカメラを使って、顔をみて笑ったり物を追いかけたりできる。画面では、さまざまな感情や動きを表現できる。

 専用アプリ「Romoアプリ」ではストーリー形式のミッションが用意されており、これらをクリアすることで、プログラミングの初歩も理解できる。さらに習得したプログラミングを組み合わせて、自由に遊べるという機能も持っている。アプリ「Romo Control」では、手持ちのRomoを外部からコントロールできる。さらにSDKを使って、オリジナルのRomo用iOSアプリを作ることまで可能となっている。

 「Romo」は旧コネクタの「3B」と、Lightningコネクタの「3L」の2種類がラインアップされており、iPhone4、第4世代 iPod touch以降のデバイスに対応する。価格は14,500円で、日本科学未来館 ミュージアムショップなどのほか、サイトから購入可能。

Japan Robot Week 2014開催……iPhoneでコントロールするロボット「Romo」も出展

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集