JXエネルギー、家庭用燃料電池「エネファーム」の自社生産から撤退へ

自動車 ビジネス 企業動向

JX日鉱日石エネルギーは、家庭用燃料電池(エネファーム)の事業体制を見直し、2015年3月末で自社による開発・生産から撤退すると発表した。自社生産からの撤退後、他社品の仕入販売に移行する。

家庭用燃料電池は、LPガスや都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電するとともに、発電の際、発生する熱を利用し給湯も同時に行う高効率の家庭用コージェネレーションシステム。

JXエネルギーは、2009年にPEFC型、2011年にはSOFC型を発売し、現在は自社開発・生産するSOFC型と仕入品であるPEFC型を販売しているものの、販売は低迷している。

今回、事業効率化のため、来年度以降は、SOFC型の自社開発・生産から撤退し、仕入販売体制に一本化する。

SOFC型家庭用燃料電池システムのメンテナンス体制は継続し、設置済み製品に対するアフターサービスは引き続き実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集