違反の摘発逃れようと信号無視、自転車はね逮捕

自動車 社会 社会

11日午後4時50分ごろ、埼玉県さいたま市見沼区内の市道で、パトカーの追跡を受けていた乗用車が赤信号を無視して交差点に進入。横断中の自転車に衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた女性が重傷。警察はクルマを運転していた31歳の男を逮捕している。

埼玉県警・大宮東署によると、同区内をパトロールしていた署員が、スマートフォンで通話しながら乗用車を運転していた男を発見。停止を命じたが、男はクルマの速度を上げて逃走した。

署員はただちにパトカーでの追跡を開始。男が運転するクルマは約250m離れたさいたま市見沼区東大宮6丁目付近の市道交差点へ赤信号を無視して進入したところ、交差進行してきた自転車と衝突。これを弾き飛ばした。

この事故で自転車に乗っていた49歳の女性が頭部強打の重体。警察はクルマを運転していた上尾市内に在住する31歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕している。

警察では交通違反の取締りを逃れようと、男が故意に信号を無視したものとみて、危険運転致傷への切り替えも視野に入れ、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品