NEC、米情報会社と協業…ビッグデータ分析ソフト開発で合意

エンターテインメント 話題

「Cloudera」サイト
  • 「Cloudera」サイト
  • 「NEC」サイト
 日本電気(NEC)と米Cloudera(クラウデラ)は14日、ビッグデータ活用における大規模分散処理基盤ソフトウェアの分野で、協業することを発表した。

 Clouderaは、Hadoopオープンソースコミュニティの開発に貢献している企業。大規模データを効率的に分散処理・管理するためのオープンソース・ミドルウェア「Apache Hadoop」を、「Cloudera Enterprise」ディストリビューションとして提供している。

 「Cloudera Enterprise」ディストリビューションは、「Apache Hadoop」の導入や運用を簡単にするセットモデル。必要な修正パッチを適用し、ソフトウェア間の相性について動作検証した「CDH(Cloudera's Distribution including Apache Hadoop)」、管理ソフト「Cloudera Manager」などのツール群、サポートサービスで構成されている。

 今回の協業にもとづきNECは、サーバ・ソフトウェア・クラウドサービス・システムインテグレーション・トレーニングについて、Clouderaと連携し、ビッグデータ処理に最適な製品やサービスを開発し販売する予定。また今後共同で、信頼性の高いHadoopディストリビューション、生産性の向上を目的とする製品やサービスを提供する方針だ。

NECと米Cloudera、ビッグデータ活用ソフトウェア分野で協業発表

《冨岡晶@RBB TODAY》

特集