ミャンマーにケンタッキー・フライドチキン初上陸…ご当地メニューも

エマージング・マーケット 東南アジア

ヨマ・ストラテジックとヤム・ブランズがフランチャイズ契約

10月13日、シンガポールの上場企業ヨマ・ストラテジックとニューヨークの上場企業ヤム・ブランズが、ミャンマーにケンタッキー・フライドチキン(KFC)をオープンすることを発表した。

(画像:ヤム・ブランズ)

KFCのレストランがミャンマーにオープンする。2社は、2015年のオープンに向けてフランチャイズ契約を結んだ。

フライドチキンを中心に展開するKFCは、世界118か国1万8,000店を構える世界有数のレストランチェーンである。KFCでは、経済成長著しいミャンマー進出に大きな期待を寄せている。

初のファストフードチェーン店 国民の主要栄養源チキンに期待

チキンは、ミャンマー国民の主要なタンパク質栄養源として多くの人々に好まれている食物である。KFCでは、5,000万の人口を抱えるミャンマー進出に当たり、11種のハーブとスパイスを使ったオリジナルレシピを用意した。

ファストフードのチェーン店がミャンマーに進出するのは初めてである。ヨマ・ストラテジックは、KFC進出をきっかけに、ミャンマー飲食業界での事業を拡大していきたいとしている。

2015年、ミャンマーにKFCがオープン

《ミャンマーニュース》

特集