【NYコミコン14】スクエニブースは初音ミクとバットマンが人気を二分

エンターテインメント イベント

初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ
  • 初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ
  • 初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ
  • 初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ
  • 初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ
  • 初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ
  • 初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ
今週末ニューヨークで開催されているNew York Comic-Con。そのスクウェア・エニックスのブースでは、昨年に引き続きフィギュアブランド「PLAY ARTS 改」を中心とした展示となっていました。


中でも、今回のNYコミコンで初公開となった、野村哲也氏がデザインしたキャットウーマンと初音ミクが大きな話題となっていました。


コミコンは元々アメコメのイベントということもあり、スクエニブースではFFキャラクターよりもDCコミックスのキャラクターフィギュアを全面に出していた印象を受けました。


野村哲也氏の独創的なバットマン&キャットウーマンのフィギュアに来場者の注目が集まっており、様々な意見が飛び交っていました。ゲーム以外のアプローチで攻めるNYコミコンでのスクエニですが、フィギュアメーカーとしてもアメリカ人達の心をすでに掴んでいるようです。

記事提供元: インサイド

初音ミクやDCとのコラボフィギュアも展示、NYコミコンのスクエニブース現地レポ

《Daisuke Sato》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集