【東京モーターフェス14】13社トップの「お気に入り」…マツダ小飼社長のVスペに会場ざわめき

自動車 ニューモデル 新型車

マツダの小飼雅道社長は25年前に生まれた初代ロードスターで登場!
  • マツダの小飼雅道社長は25年前に生まれた初代ロードスターで登場!
  • マツダの小飼雅道社長が初代ロードスターで登場
  • 台場の夜に13社の自慢のクルマが登場
  • 「このクルマは、ユーノスロードスターVスペシャルです」とマツダの小飼雅道社長
  • マツダの小飼雅道社長は初代ロードスターで登場
  • 「このクルマが25年前に生まれてから、われわれは、世界中のユーザーに育ててもらった」とマツダの小飼雅道社長
  • 「きょうは、わたしの大好きなクルマ、この1台を持ってきました」とマツダの小飼雅道社長
  • 「東京モーターフェス 2014」プレスプレビュー(10月10日)のようす
東京・台場で10月 11~13日に開催される自動車イベント「東京モーターフェス 2014」。10日のプレイベントでは、自動車メーカーなど13社のトップが登壇。自分の好きなクルマに乗ってステージに登場した。

富士重工業(スバル)の吉永泰之社長が『レヴォーグ』、ダイハツ工業の三井正則社長が『コペン ローブ』と、最新の“目玉商品”で登場するなか、マツダの小飼雅道社長のチョイスには“こだわり”が見えた。同社の初代『ロードスター』で登場し、会場にはざわめきが起こった。

「みなさん、こんばんは。このクルマは、ユーノスロードスターVスペシャルです。このクルマが25年前に生まれてから、われわれは、世界中のユーザーに育ててもらった。きょうは、わたしの大好きなクルマ、この1台を持ってきました」と小飼社長。

小飼社長のコメントが終わると、マツダファンなどから拍手がわいた。小飼社長は1977年に東北大学工学部を卒業しマツダに入社。技術部門などを経て2013年に同社社長に就任。初代ロードスター(NA系)は1989年に登場し、40万台以上が生産された。

東京モーターフェス 2014は、東京モーターショーの休催年に行われるクルマ・バイクの一大イベント。今回は、プロのテクニックとダイナミックな走りが体験できるシルク・ド・モビ体験をはじめ、バスやトラックなど普段運転できない大型車両の試乗コーナー、最新の安全支援技術を体験できるコーナー、親子でバイク試乗を体験できる親子バイクコーナーなど、多彩な体験型コンテンツを設けたという。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集