パイオニア、「楽ナビ」で操作可能なフルHD画質のドライブレコーダーを発売へ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

パイオニア、フルHD画質のドライブレコーダー「ND-DVR1」を発売
  • パイオニア、フルHD画質のドライブレコーダー「ND-DVR1」を発売
  • パイオニア、フルHD画質のドライブレコーダー「ND-DVR1」を発売
パイオニアは、「楽ナビ」からの操作可能で、振動を検知し、さまざまな状況を撮影できるなど、フルHD(1920×1080p)画質のドライブレコーダー「ND-DVR1」を2015年春から発売する。

新機種は、同社のナビゲーションシステム「楽ナビ」シリーズで操作できる「ドライブレコーダーリンク」機能を搭載する。録画やファイルの送り・戻しなどのタッチパネルでの操作、録画した映像・設定画面などを、楽ナビの画面で確認できる。

また、小型カメラ部と本体部を分離したセパレートタイプで、前方視界を妨げずに、さまざまなモデルに取り付けることができる。カメラ部に高解像度CMOSセンサーと広角レンズを採用し、microSDカードにフルHD(1920×1080p)画質で広範囲に撮影できる。

このほか、衝突などを想定して振動を検知すると撮影する「セキュリティ機能」や「イベント録画機能」などを搭載しており、さまざまな状況を撮影することができる。RCA入力端子(映像・音声)を持った車載器とも接続可能で、録画した映像、設定画面などを車載器の画面で確認できる。

価格は2万円(税別)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集