ZMP、自動運転・高度運転支援システム実験用の車載大電力バッテリシステムを発売

自動車 ビジネス 企業動向

ZMPは10月8日、自動運転・高度運転支援システム実験用の車載大電力バッテリシステム「ZMM PowerUnit Z」の販売を開始した。

自動運転や高度安全運転支援の研究開発では、センサやそのデータを処理するPCなどで大きな電力を消費する。たとえば、高度な画像処理を高速で行えるGPUを備えたPCは300~400Wの電力を消費し、外界のセンシングに使用するレーザスキャナを4台搭載すると、80Wの電力が必要になる。

一方で、車両のバッテリから取れる電力は、180W(15A)程度で、データロガーと消費電力の小さいセンサへの電源供給にとどまり、センサ、カメラと処理用のPCなどを揃えると足りなくなってしまう。

新製品は、12V、105Ah(標準品)のバッテリとインバータ、DCコンバータで構成、全体で700W供給可能な電源が車両内に用意できる。トランクルーム等に製品を設置し、PCやディスプレイ、センサなど、機材を接続するだけ。電圧変換器やACアダプタ、配線などを車両に引き回す必要はなく、スムーズな実車実験が可能となる。

価格は86万4000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集