JAXA、宇宙ゴミに関する研究開発ポスターを募集…スペースデブリワークショップで発表

宇宙 エンタメ・イベント
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、12月17~19日にJAXA調布航空宇宙センターで開催する「第6回スペースデブリワークショップ」で発表するポスターの募集を開始した。

ここ数年の間にスペースデブリ(宇宙ゴミ)環境は急激に悪化し、宇宙活動の脅威となっている。宇宙基本計画の中に、宇宙環境の保全として、宇宙状況監視(SSA)体制の検討と、デブリ除去技術開発の実施が明記され、国内外における協力が、今後の宇宙開発・宇宙利用に求められている。今回で6回目の開催となるスペースデブリワークショップでは、スペースデブリ問題に関する最新の技術動向を把握するため、海外のスペースデブリ研究者による特別講演をはじめ、口頭発表は40件程度を予定している。

スペースデブリワークショップのポスター発表を募集する。ポスターは、スペースデブリに関する研究開発について観測、除去、防御、モデル化、低減、法務など。

発表申し込みの締め切りは11月10日。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 宇宙ゴミ問題の最新情報がわかるワークショップ…12月17~19日開催 画像 宇宙ゴミ問題の最新情報がわかるワークショップ…12月17~19日開催
  • ロシア、2025年までに静止軌道の宇宙ゴミを除去する”スカベンジャー”衛星を計画 画像 ロシア、2025年までに静止軌道の宇宙ゴミを除去する”スカベンジャー”衛星を計画
  • 宇宙ゴミを利用する新作ストラテジー『Habitat』プレイスルー映像、Kickstarterキャンペーンも展開中 画像 宇宙ゴミを利用する新作ストラテジー『Habitat』プレイスルー映像、Kickstarterキャンペーンも展開中

特集