オートバックス、中国アリババグループ運営の個人輸入サイトへ出店

自動車 ビジネス 企業動向

オートバックスセブンは、10月8日より、中国の電子商取引最大手アリババグループが運営する「天猫国際(Tモール・グローバル)」に出店すると発表した。

天猫国際は、中国内における個人輸入サイトの先駆けで、2013年秋にスタート。品質を重視する富裕層が多く利用しており、商品を簡単に検索、注文・決済できることを特長としている。中国におけるインターネット普及率は2012年現在42%で、利用者は5億6000万人以上という大きなマーケットで、今後も成長が見込まれている。

今回出店する「オートバックス天猫国際海外旗艦店」は、品質や安全性にこだわりを持つ中国の自動車ユーザーが対象で、取扱商品は日本で生産・販売している芳香消臭剤、自動車用高級インテリア商品、チャイルドシート、車載用空気清浄脱臭機、ルームミラーなど。インターネットを活用することで、中国全土に向けて信頼性の高い日本ブランド商品を販売する。

同サイトの運営およびマーケティング等は、中国市場での外国企業向けマーケティング支援を行うルイスマーケティングに業務委託し、中国市場のニーズにマッチした展開を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集