ジャパン・マリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリア「チャイナ・スチール・エンデバー」を引き渡し

船舶 企業動向

ジャパン・マリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリア「チャイナ・スチール・エンデバー」を引き渡し
  • ジャパン・マリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリア「チャイナ・スチール・エンデバー」を引き渡し
ジャパン・マリンユナイテッドは、有明事業所(熊本県玉名郡)でCSEトランスポート・コーポレーション向け次世代省エネ型バルクキャリア(G209BC)「中鋼奮進/チャイナ・スチール・エンデバー」を引き渡した。

船は鉄鉱石・石炭の太平洋トレード用のケープサイズバルカー20万5000DWT型船の後継船型で、載荷容量を増大させながら、GHG(温室効果ガス)排出量25%削減を目標に開発されたGシリーズの20万9000DWTバルクキャリア。

船は、省エネ付加物や低風圧居住区による風圧抵抗の削減を図るとともに、低摩擦塗料による摩擦抵抗の削減、補機インバーター化、LED照明の採用による省電力化により、GHGの排出を削減、燃費性能の向上を徹底的に追求した。

主機関はMAN-B&W 7S65ME-C8.2を搭載する。航海速力は14.50ノットで、定員は25人。

船は船級符号「EA」を取得しており、環境保護に配慮された船舶として認定された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集