ダンボールで宙吊り…自転車に負担をかけない発想の輸送ケース

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ブルー・ボックスが自転車輸送ケース「バイクサンド」の予約販売を10月1日から開始した。

バイクサンドは耐久性があり、安価で誰にでも簡単に扱えるよう開発されたダンボール製の自転車輸送ケースだ。ブルー・ボックスと、ダンボールでの輸出梱包を手がけるエコロジー開発が共同で作り上げた。

エコロジー開発は重量1tを越える大型の巻物なども箱の中で宙吊りさせることにより、ダンボールで輸出させている。その技術を自転車輸送ケースに応用して「宙吊り状態」で運べるようにしたのがバイクサンドだ。

強化ダンボールと紙管を利用して自転車をサンドイッチ。箱内で宙吊りにすることで自転車のフレームとホイールが天地左右どこにも接地しないようにして、自転車に負担のかからない輸送スタイルにした。

バイクサンドのサイズは1200x780x300mm。これはロードバイクで560、マウンテンバイクでLサイズ程度までが梱包可能だ。

2万3760円(税込み)。公式サイトオープンまではメール受け付けのダイレクト販売のみとなる。詳細はバイクサンド公式Facebookページで確認できる。

自転車を箱の中で宙吊りにする新発想の輸送ケース「バイクサンド」の予約販売が開始

《五味渕秀行@CycleStyle》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集