マイクロソフト、「Office 365」個人向けをリリース…日本独自の仕様

エンターテインメント 話題

「Office Premium プラス Office 365サービス」イメージ
  • 「Office Premium プラス Office 365サービス」イメージ
  • 「Office 365 Solo」イメージ
  • Office Premium 搭載 PC ロゴ画像
  • Office 365 Solo パッケージ画像
 日本マイクロソフトは1日、法人向けに提供しているクラウド型サービス「Office 365」について、一般向け・個人向けにも提供することを発表した。

 「Office Premium プラス Office 365サービス」および「Office 365 Solo」を、10月17日より販売開始する。両製品ともに、日本市場向けに最適化されており、日本のみの提供とのこと。

 プレインストール型の「Office Premium プラス Office 365サービス」は、OfficeプレインストールPCと、クラウドサービスであるOffice 365のそれぞれの利点を組み合わせた、日本独自の製品となる。「Office Premium」がPCにあらかじめプレインストールされた形態で提供されるとともに、1年間有効の「Office 365サービス」も提供される。

 「Office Premium」は購入したOffice Premium搭載PCを利用している間は、永続的に無償で最新版のOfficeにアップデート可能。「Personal」「Home & Business」「Professional」の3つのエディションが提供される。

 「Office 365サービス」は、オンラインストレージOneDrive(1テラバイト)、マルチデバイスでのOffice製品利用(iPhone、Android、iPad)、Skype月間60分無料通話(公衆回線向け)、無償サポート「アンサーデスク」がセットになったサービス。2年目以降は、5,800円で継続利用が可能。

 サブスクリプションサービス型の「Office 365 Solo」は、1年間のサブスクリプション製品として提供。最新版Officeデスクトップアプリケーション(PCおよびMac向け:合計2台)と、「Office 365サービス」がセットになった製品となる。税抜参考価格は11,800円で、量販店およびオンラインストアより購入可能。

日本マイクロソフト、一般向け・個人向けに「Office 365」販売開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集