ドコモ、iPhoneがおサイフケータイになるIC内蔵ジャケット発売

エンターテインメント 話題

 NTTドコモは3日、iPhoneに装着することで「おサイフケータイ」の各種サービスが利用できるデバイス「おサイフケータイ ジャケット01」を開発したと発表した。10月下旬から発売される。

 「おサイフケータイ ジャケット01」は、モバイルFeliCa ICチップを搭載し、Bluetoothで専用アプリ「おサイフリンク」をインストールしたiPhoneと接続。各種ポイントサービスや電子マネー「iD」をはじめとする電子マネーなどの「おサイフケータイ」対応サービスを利用できる。

 対応機種はiPhone 6/6 Plus、iPhone 5s/5c、iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデル。現時点で対応するサービスはANAのスキップサービス、ヨドバシカメラのゴールドポイントカード、ドコモのiD、JCBのQUICPay、楽天Edy、ローソンモバイルPonta。このうちANA、ヨドバシカメラは発売と同時に対応する。

 連続動作時間は約2.5か月で、電池残量もLEDで表示。本体サイズは幅51×高さ86×奥行4.2mm、重量は約22g。

 同社では、おサイフケータイジャケットが装着可能な「iPhone 5s」「iPhone 6」用ケースも発売する。

NTTドコモ、iPhoneやiPadを「おサイフケータイ」にするデバイスを10月下旬に発売

《関口賢@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集