川崎重工、H-IIAロケット用4S型衛星フェアリングが完成…種子島宇宙センターに出荷

宇宙 企業動向
川崎重工業、H-IIAロケット用衛星フェアリングが完成・出荷へ
  • 川崎重工業、H-IIAロケット用衛星フェアリングが完成・出荷へ
川崎重工業は、H-IIAロケット用衛星フェアリングを岐阜工場(岐阜県各務原市)で設計・部品製造し、播磨工場(兵庫県播磨町)で組み立てた後、種子島宇宙センターに向けて出荷した。

衛星フェアリングは、衛星を格納する部分で、ロケット先端部に取り付けられ、打ち上げ時の空力加熱、音響(振動)などの過酷な環境から衛星を保護するためのもの。

今回出荷した衛星フェアリングは、直径4mのシングル・タイプ(4S型)、全長が12m。種子島宇宙センターで打ち上げを行なう三菱重工業に納入され、H-IIAロケットに組み込まれる。同ロケットには宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が搭載される予定で、2014年度内の打ち上げに向けて準備が進められている。

川崎重工は、1993年に納入したH-IIロケット向けの衛星フェアリングを皮切りに、各種衛星フェアリングの開発・製造に携わってきた。H-IIロケット向け7機に加え、H-IIAロケットでは、4メートル・シングル・タイプ(4S型)、4メートル・デュアル・タイプ(4/4D型)、5メートル・シングル・タイプ(5S型)の各種衛星フェアリングを開発、計25機分を製造・納入した実績を持つ。

また、川崎重工は、宇宙ステーション補給機(HTV)を打ち上げるためのH-IIBロケット向けに4機、2013年にJAXAが打ち上げた固体燃料ロケット・イプシロンロケット向けにも納入するなど、現在は国内で唯一の衛星フェアリングの製造企業として各種衛星需要に対応している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集