スズキ、浜松市津波対策事業基金への寄付を前倒し実施へ

自動車 ビジネス 企業動向
スズキは、地震による津波対策として遠州灘防潮堤整備事業を進めるため、浜松市が創設した「浜松市津波対策事業基金」への寄付を前倒しすると発表した。

同社では、基金に5年間で総額5億円の寄付する計画で2013年に2億円寄付した。今回、当初の予定を前倒し、今年9月末に残りの3億円を寄付した。

また、防潮堤に加えて、静岡県と浜松市が建設の方針を表明している、災害時、津波避難基地や、緊急救援ヘリポート機能などを併せ持つスポーツ施設の建設に協力するため、浜松市を通して1億円寄付する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集