【レッドブル・シー・トゥ・スカイ14】オリンポス山頂めざし耐久レース…グラハム・ジャービスが優勝奪還

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

山頂付近のジャービス
  • 山頂付近のジャービス
  • レッドブル・シー・トゥ・スカイ14
  • レッドブル・シー・トゥ・スカイ14
  • レッドブル・シー・トゥ・スカイ14
  • レッドブル・シー・トゥ・スカイ14
  • レッドブル・シー・トゥ・スカイ14
  • レッドブル・シー・トゥ・スカイ14
  • レッドブル・シー・トゥ・スカイ14
トルコのケメルにて9月26~28日の日程でおこなわれた「レッドブル・シー・トゥ・スカイ」。世界的なハードエンデューロの一つとされており、トップランカーが集合する。

「世界一ハードなエンデューロ」エルズベルグロデオに対向して、同レースが掲げるキャッチコピーは「世界一楽しめるハードエンデューロ」。

ケメルはトルコ有数のリゾート地として知られており、1日目はビーチレース、その結果を踏まえて2日目にフォレストレースとしてタイムアタック、またその結果を踏まえ、3日目のメインレース「オリンポスマウンテンレース」がおこなわれた。

同レースは、ビーチから70km以上の険しい道のりを登り、標高2300mのオリンポス山頂上を目指す。

開催は今年で5年目、2012年はグラハム・ジャービス、2013年はジョニー・ウォーカーが勝利。ハードエンデューロの2強と言われるこの二人の勝負の行方が注目された。

ビーチレースを制したのは、アメリカのクロスカントリーの雄であるテイラー・ロバート。2位にウォーカーが入った。続くフォレストレースでは、ジャービスが勝利。2位はウォーカー。

メインレースは、ウォーカーが先行てレースが展開、ジャービスは序盤で大幅に遅れてしまう立ち上がり。しかし、次第にジャービスがウォーカーを追い詰め、最終のチェックポイントでは横並びのバトルに。

ジャービスがこれを制して、みごと昨年の雪辱を晴らし王座奪回。ウォーカーは2位、3位にはアンドレアス・リッテンビヒラーが入賞。日本の田中太一は14位という結果だった。
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

特集