【鉄道の日】IGRと青い森、共同でフリー切符発売

鉄道 企業動向

IGRと青い森鉄道は「鉄道の日」記念のフリー切符を発売する。券面のデザインは青い森鉄道発売分(左)とIGR発売分(右)でそれぞれ異なる。
  • IGRと青い森鉄道は「鉄道の日」記念のフリー切符を発売する。券面のデザインは青い森鉄道発売分(左)とIGR発売分(右)でそれぞれ異なる。
  • 「IGR・青い森鉄道 鉄道の日フリーきっぷ」は盛岡~目時~青森全区間が最大2日間、自由に乗り降りできる。写真はIGRいわて銀河鉄道のIGR7000系。
  • 「IGR・青い森鉄道 鉄道の日フリーきっぷ」は盛岡~目時~青森全区間が最大2日間、自由に乗り降りできる。写真は青い森鉄道の青い森701系。
岩手県のIGRいわて銀河鉄道と青森県の青い森鉄道は「鉄道の日」を記念し、両社の鉄道全線を利用できる「IGR・青い森鉄道 鉄道の日フリーきっぷ」を発売する。

10月11~13・18・19日の連続する最大2日間に限り、いわて銀河鉄道線の盛岡~目時間と青い森鉄道線の目時~青森間が自由に乗り降りできる。ただし10月13・19日は当日限りとなる。

発売額は大人3000円・小中学生1500円。中学生が利用する場合は生徒手帳の提示・携帯が必要になる。大人運賃で比較した場合、盛岡~目時~青森間の片道利用だけでも通常運賃より2480円安くなる。

発売期間は10月10日から19日まで。いわて銀河鉄道線の斗米駅を除く各駅窓口と、青い森鉄道線の各有人駅窓口で発売される。券面のデザインはIGR発売分と青い森鉄道発売分でそれぞれ異なる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集