三菱航空機、イースタン航空からMRJ40機を受注…北米の航空会社3社目

航空 企業動向

三菱航空機、イースタン航空からMRJを40機正式受注
  • 三菱航空機、イースタン航空からMRJを40機正式受注
三菱航空機は、米国のイースタン航空と次世代リージョナルジェット機「MRJ90」を40機購入する契約を締結したと発表した。

40機の内訳は確定が20機、購入権が20機。北米の航空会社としては3社目の契約。両社は、7月に英国で開催されたファンボロー・エアショー2014で購入に関する覚書を締結しており、9月22日に正式契約した。イースタン航空への納入は、2019年に開始する予定。

イースタン航空では、MRJを「イースタン・ウィスパージェット」の呼称で運航する予定。

MRJの今回の契約を含めた合計受注数は375機で、確定が191機、オプションが160機、購入権が24機。これらの受注に加えて、JALグループと32機(確定)の導入で基本合意している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集