インフィニティ、車種ラインナップを60%拡大…2020年までに

自動車 ビジネス 企業動向

インフィニティQ30コンセプト
  • インフィニティQ30コンセプト
  • インフィニティQ30コンセプト
  • インフィニティQ30コンセプト
プレミアムカー市場でのシェア向上を狙って、車種ラインナップの拡大を計画している日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティ。その計画の最新内容が明らかになった。

これは9月19日、インフィニティがロンドンのデザインスタジオ開業に合わせて、明らかにしたもの。「2020年までに、車種ラインナップを60%増やす」と発表している。

現在、インフィニティは乗用車系モデルとして、『Q40』(先代日産『スカイライン』)、『Q50』(新型日産スカイライン)、『Q60』(日産『スカイラインクーペ』)、『Q70』(日産『フーガ』)の4車種を用意。SUV系モデルは、『QX50』(日産『スカイラインクロスオーバー』)、『QX60』、『QX70』、『QX80』の4車種の合計8車種を設定している。

インフィンティはこの8車種を、2020年までに6割増やす計画。2020年の時点では、インフィニティは13車種程度を揃えていることになる。

インフィニティはとくに、入門カテゴリーでの車種を拡充する方針。すでに、コンパクトカーの『Q30』をはじめ、小型クロスオーバー車の『QX30』を市販することが確定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集