ローコストで高精度…騒音に負けずクリアに通話できるNTTのマイク

エンターテインメント 話題

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • NTTの技術が可能とする音響処理の適用範囲
  • NTTが開発した技術のポイント
 日本電信電話(NTT)は24日、100dBの騒音下(工場内や電車通過中のガード下など)でも、高品質な通話や高精度な音声認識を可能とする「小型インテリジェントマイク」を開発したことを発表した。

 小型インテリジェントマイクでは、安価な汎用マイク素子2~3個を使用。目的とする音声とそれ以外の雑音を高精度に推定して分離する「音響信号処理技術」を組み合わせることで、高騒音環境下でも、話者の音声を明瞭に集音可能とした。

 エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(NTT-AT)が、今回NTTが開発した「小型インテリジェントマイク技術」を取得。ソフトウェアライブラリ「インテリジェントマイクライブラリ(仮称)」を10月より販売。その他、さまざまな商品/サービス/ソリューションとして提供していく予定。

 なおこれまで、NTTでは、“単一マイク”で構成される機器でも、高品質な通話・録音、音声認識を可能とする「背景雑音抑圧技術」、カメラでズームするように遠く離れた場所(約20m)から指定した人の声のみをクリアに集音可能な「ズームアップマイク技術」などを開発している。

NTT、騒音下でも高品質通話が可能な小型インテリジェントマイクを開発

《冨岡晶@RBB TODAY》