ジェットエアウェイズ、11月から国際線を拡大

民間航空会社ジェットエアウェイズは23日、11月から国際線の運行を拡大を発表したとエコノミックタイムスが伝えた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
民間航空会社ジェットエアウェイズは23日、11月から国際線の運行を拡大を発表したとエコノミックタイムスが伝えた。

リリースの中で、それぞれアメダバード、ゴア、ラクナウからアブダビへの運行便が11月14日から増便になると伝えられた。

またプネ-アブダビ間の就航も計画しており、スケジュールもほぼ確定しつつあるとされている。

これらの都市は世界のビジネスにおける重要性が急速に高まってきており、今や乗継なしでアブダビへ行くことが可能になる。

さらにアブダビからはヨーロッパやアメリカ合衆国の主要都市への直行便が出ており、エティハド航空との提携によって国際線ネットワークのさらなる強化につながると考えられている。
編集部