大井川鐵道、旧客夜行『ながさき』再現ツアーを企画…10月18日

鉄道 企業動向
大井川鐵道が10月18日に運行する「夜行列車」は、かつての普通列車『ながさき』のイメージで運転される。
  • 大井川鐵道が10月18日に運行する「夜行列車」は、かつての普通列車『ながさき』のイメージで運転される。
  • 「夜行列車」は旧型客車3両を使用する予定。国鉄の車内放送用チャイムとして知られる「ハイケンスのセレナーデ」も車内で流される。
  • 蒸気機関車で知られる大井川鐵道だが、「夜行列車」はE10形電気機関車のE101がけん引する予定。
大井川鐵道は10月18日、かつて国鉄線で多数運行されていた旧型客車の夜行列車の雰囲気を楽しむ企画として、「夜行客車列車」ツアーを実施する。

行程は新金谷15時55分発~千頭17時35分着、千頭18時40分発~新金谷20時10分着・20時14分発~金谷20時18分着。E10形電気機関車のE101がオハニ36形を含む旧型客車3両をけん引する。列車番号は421・422列車で、門司港~長崎・佐世保間で運転されていたB寝台車付き夜行普通列車『ながさき』の列車番号にあわせる。

途中駅では約25分の長時間停車を行うほか、往路の駿河徳山駅では発車ベルが流される。車内チャイムは国鉄の車内放送用チャイムとして知られる「ハイケンスのセレナーデ」を使用。車内の広告スペースには「いい旅チャレンジ20000km」のポスターを掲出する。車内の栓抜きを使えるよう、ビン入りジュースなどの車内販売も行われる。また、折返しの千頭駅ではオハニ36形の荷物室を見学できる(ただし車内照明は5分間のみ点灯)。夕食の駅弁には東海軒の特製幕の内弁当が用意される。

ツアー用の切符は、往路で手書きの出札補充券、復路で千頭から金谷までの硬券乗車券が用意される。参加者には関水金属製のオハ35形Nゲージ模型(茶またはブルー)をプレゼントする。

旅行代金は大人8500円・子供6500円で、1日フリー切符の代金も含まれる。80人を募集し、最少催行人員は40人。申込みは10月1日9時から大井川鐵道企画部・営業部で電話で受け付ける。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集