iPhone 6シリーズ1000万台突破…さらに20カ国以上でスタンバイ中

自動車 テクノロジー Apple

パロアルトのアップルストアで客を迎え入れるティム・クックCEO(c)Getty Images
  • パロアルトのアップルストアで客を迎え入れるティム・クックCEO(c)Getty Images
  • アップルストア表参道
  • アップルストア表参道
  • アップルストア表参道
  • ティム・クックCEO(c)Getty Images
  • パロアルトのアップルストアで客を迎え入れるティム・クックCEO(c)Getty Images
  • iPhone 6(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 アップルは22日、iPhone 6およびiPhone 6 Plusの販売台数が1000万台を超えたと発表した。19日の発売からわずか3日で達成し、新記録としている。

 新製品は日本、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、プエルトリコ、シンガポール、英国で発売中で、26日にはさらに20カ国以上で発売開始となる。

 CEOのティム・クック氏は「発売後最初の週末に、iPhone 6とiPhone 6 Plusの販売台数が予想していた数字をはるかに上回り、これほど嬉しいことはありません。これまでの店頭販売台数記録を大きく塗り替え、過去最高の新製品発売となりましたことをすべてのお客様に感謝したいと思います。私たちのチームは量産化への対応はこれまでになく早く行うことができましたが、供給数がもっと多ければさらに多くのiPhoneを販売できたはずです。できるだけ早く注文に応えるべく全力を上げています」とコメントしている。

アップル、iPhone 6販売台数が1000万台超え

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集