佐渡汽船、新造高速カーフェリーの船名を「あかね」に決定…2015年春に就航

船舶 企業動向

佐渡汽船、新造高速カーフェリー「あかね」(イメージ写真)
  • 佐渡汽船、新造高速カーフェリー「あかね」(イメージ写真)
  • 佐渡汽船、新造高速カーフェリー「あかね」(イメージ写真)
  • 佐渡汽船、新造高速カーフェリー「あかね」(イメージ写真)
  • 佐渡汽船、新造高速カーフェリー「あかね」(イメージ写真)
佐渡汽船は、2015年春から直江津~小木航路に就航する新造高速カーフェリーの船名を「あかね」に決定したと発表した。

同社は新造高速フェリーの船名を一般公募したところ、2632件の応募があった。

「あかね」は、北陸新幹線の開業により、佐渡観光の発展を目指して未来にはばたいて欲しいという期待を込めて、美しい船名がふさわしいと考えて選考した。「あかね」から連想するあかね色は、朱鷺の群れが飛んでいる佐渡の夕暮れの優雅さや美しさをイメージさせるとしている。

新造船は全長が約85メートル、総トン数が約5750トンで、旅客700人、大型バス7台と乗用車98台(乗用車換算で173台)を積載できる。

速力は約30ノットで、直江津~小木航路を現行より60分短縮して100分で結ぶ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集