JAXAの野口宇宙飛行士、アジアで初の宇宙探検家協会会長に選出

宇宙 企業動向

野口聡一 宇宙飛行士
  • 野口聡一 宇宙飛行士
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、野口聡一宇宙飛行士がアジアの人材で初となる宇宙探検家協会(ASE)会長就任が決定したと発表した。

野口宇宙飛行士と若田光一宇宙飛行士は、9月10日から15日まで北京で開催された「第27回世界宇宙飛行士会議」に、毛利衛宇宙飛行士とともに出席した。ASEは、宇宙飛行士による唯一の国際団体で、世界宇宙飛行士会議は、同協会が主催する年1回の総会。

会議で、野口宇宙飛行士が、今大会で任期満了となるドーリン・プレナリウ会長の後任として次期会長に選出された。野口宇宙飛行士の会長任期は1年間で、最大3年間まで再任可能となる。

野口宇宙飛行士は、会長任期中、世界宇宙飛行士会議を主宰するほか、国際宇宙航行連盟(IAF)の年次大会、国連宇宙空間平和利用委員会(UNCOPUOS)などにASE会長として参加する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集