自転車ロードレース世界選手権制覇から4年、15年の選手生活に幕

モーターサイクル エンタメ・イベント

トル・フースホフト(BMCレーシング)
  • トル・フースホフト(BMCレーシング)
  • トル・フースホフト(BMCレーシング)
  • BMCレーシングのジム・オショウィッツGM
元世界王者トル・フースホフト(BMCレーシング)が、9月20日に行われるベルギーのワンデーレース、プリムス・クラシック・インパニス~バンペテヘムを引退レースとすることがチームから発表された。

フースホフトは、36歳のノルウェー人。プロ選手として15年間活躍し、2010年にはロード世界選手権で優勝。ツール・ド・フランスではステージ優勝10回、ポイント賞2回を獲得し、ノルウェー選手権でもロードレースとタイムトライアルで計3度のタイトルに輝いた。BMCレーシングには3シーズン所属し、9勝を挙げたが、今年6月に引退を表明していた。

BMCレーシングのジム・オショウィッツ会長兼GMは「トルがキャリアの終盤にBMCレーシングの一員だったことは、本当に喜ばしいことだった。彼がこのスポーツに、特に彼の地元ノルウェーで与えたインパクトは忘れられない」とフースホフトの功績を称えている。

自転車ロード元世界王者フースホフト、9月20日にベルギーで引退レース

《光石達哉@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース