ローム、車載ECU保護に適した高電圧タイプのツェナーダイオードを発表

自動車 ビジネス 企業動向

ローム・UDZLVシリーズ
  • ローム・UDZLVシリーズ
ロームは、各種電子回路の定電圧用途や保護用途として使用されるツェナーダイオードシリーズに、新たに高電圧タイプ「UDZLVシリーズ」をラインアップした。

新製品は、51Vから150Vまでの12種類のツェナー電圧から用途にあわせて選択できる。特に車載のECU(エンジンコントロールユニット)保護に最適な製品となっており、AEC-Q101にも対応。また、高いサージ耐性も確保しており、民生機器から車載、産業機器まで幅広いアプリケーションで信頼性を実現する。

定格電力0.2W、パッケージは2.5×1.2mmサイズ。7月から順次サンプル出荷を開始しており、10月より月産300万個の体制で量産を開始する予定。サンプル価格は10円/個。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集