アニソンを世界へ…音楽大手アミューズとバンダイナムコらが業務提携

エンターテインメント 話題
ラスベガスで同時期に開催されるオタコン・ベガスの今年の様子。
  • ラスベガスで同時期に開催されるオタコン・ベガスの今年の様子。
  • ランティス・井上俊次社長
日本のアニメやマンガが海外で人気を博すなかで、いま大きな注目を浴びているのがアニメの音楽=アニソンだ。アニソンのアーティストによる海外ライブは10年以上前から行われてきたが、近年はその数も規模も拡大の一途である。日本を代表する新たなポップカルチャーコンテンツとしての注目も増している。
日本の音楽業界でも、そうした機会を活用して積極的にアニソンを海外で紹介する動きが強まっている。9月16日に、アニソンの海外展開に向けた大きな取り組みが発表となった。

エンタテインメント大手のアミューズと、アニメ音楽を得意とするランティス、そしてライブエンタテイメントの運営をするバンダイナムコライブクリエイティブ(BNLC)の3社が、アニメ関連コンテンツの海外展開で業務提携をすると発表した。
ランティスとBNLCはバンダイナムコホールディングスのグループ会社で、同社はアニメやゲーム、キャラクターなどを得意としている。アミューズはアーティストマネジメントや映像制作、イベント運営を得意とする。各社の得意分野を活かし、海外事業の拡大を目指す。

業務提携は、これまで行ってきた海外でのコンサートツアーやアニメイベントでのライブ活動をさらに広げたいと考えるランティスと、アジアや北米に現地法人があり海外展開可能なネットワークを持つアミューズが結びついたものだ。アニソンなどのアニメ関連コンテンツをアミューズのネットワークを活用し、海外での事業に結びつける。
アミューズが海外でのライブやイベントを実施、ランティスはアーティストの調整やプロモーションのための資料を提供する。BNLCはイベント運営のノウハウを海外でも活用する。中期的には3社共同でのコンテンツ開発も目指す。

業務提携の第一弾は、早くも2015年1月にかたちになる。「Anisong World Tour~Lantis Festival 2015~」トタイトルしたアニソンの海外ツアーを3社中心に共同主催する。開催都市は、シンガポール、台北、香港、ソウル、ラスベガス他の海外6都市での開催を予定する。
9月14日に開催された「ランティス祭り2014」での発表によれば、1月のスタートはラスベガスになる。こちらは同時期に同じラスベガスで開催されるオタコン・ラスベガスと連動するようだ。日本のライブのクオリティをそのまま海外に届ける。「Anisong World Tour~Lantis Festival 2015~」が国内外で話題を呼びそうだ。

アミューズ http://www.amuse.co.jp/
ランティス http://www.lantis.jp/

アニソンツアー海外6都市、アミューズ、ランティス、バンダイナムコライブ3社が海外展開で業務提携

《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集