インド空港管理局が2本の国際線直行便を新たに認可

インド空港管理局(AAI)がグジャラート州アメダバードからロンドンおよびスーラトからドバイへの直行便の飛行を許可したとエコノミックタイムスが報じた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
インド空港管理局(AAI)がグジャラート州アメダバードからロンドンおよびスーラトからドバイへの直行便の飛行を許可したとエコノミックタイムスが報じた。

グジャラート州の公式発表によれば、州航空大臣サウラーブ・パテル氏がAAIのS・ラヘージャ会長との綿密な会談の中で決定した。

またこの会談でパテル大臣は、ドレーラに国際的なMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)基地を建設すべきと語った。

さらには乗降橋の建設を含めたアメダバード空港の設備を改善することへの委任も要請したと伝えられている。
編集部