クランタン州補選公示、三つ巴の争いに…マレーシア

クランタン州議会ペンカラン・クボル選挙区議員の死去に伴う補欠選挙の公示が13日にあり、与野党の統一候補者と無所属候補者の3人による三つ巴の争いとなることに決まった。9月25日に投開票が行われる。

エマージング・マーケット 東南アジア
クランタン州議会ペンカラン・クボル選挙区議員の死去に伴う補欠選挙の公示が13日にあり、与野党の統一候補者と無所属候補者の3人による三つ巴の争いとなることに決まった。9月25日に投開票が行われる。

与党連合・国民戦線(BN)第一党・統一マレー国民組織(UMNO)所属のノール・ザヒディ・オマル議員(57)の死去に伴うもの。議席確保を目指すBNは、UMNO所属のマット・ラジ・マット・アリ氏(49)を擁立。議席奪取を目指す同州与党の野党連合・人民同盟(PR)は汎マレーシア・イスラム党(PAS)所属のワン・ロスディ・ワン・イブラヒム氏(57)を擁立した。

無所属から立候補したのはイザット・ブカリー氏(47)で、昨年の総選挙でも立候補したが獲得票がわずか65票にとどまり惨敗していた。

昨年の総選挙ではノール・ザヒディ氏とPR候補のシャハルン・イブラヒム氏による事実上の一騎打ちとなったが、ノール・ザヒディ氏が圧勝していた。同選挙区の選挙人の9割がマレー系となっている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース