シンガポールも連絡道通行料金値上げへ…10月1日より両国合わせて33リンギに

エマージング・マーケット 東南アジア

シンガポール運輸省は10月1日より、シンガポール-ジョホールバル(JB)を結ぶコーズウェイ(連絡道)の通行料金を値上げすると発表した。

自動車はシンガポールを出国する際に1.20シンガポール(S)ドル(3.03リンギ)かかっていたが、3.80Sドル(9.62リンギ)に引き上げられる。またこれまで無料だったシンガポール入国時も、シンガポール側で2.70Sドル(6.80リンギ)徴収される。

これに先立ちマレーシア側も8月1日付けで値上げしており、マレーシアに入国する際にのみ料金が2.90リンギかかっていたが、これを9.70リンギに引き上げ、これまで無料だった出国の際の料金を6.80リンギとした。往復で従来の5倍となる16.50リンギかかることになったため、コーズウェイの通行量が減少している。

10月からシンガポール側も値上げすることになったため、マレーシア側で徴収される分も含めて往復の料金は2倍の33リンギに増加することになり、マレーシア-シンガポール間を行き来する自動車台数が減少すると見込まれる。シンガポールで勤務するマレーシア人は、さらに二輪車や公共交通機関に切り替えると予想されている。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース