千葉モノレールで車両基地公開イベント…9・11月

千葉市内の千葉モノレールを運営する千葉都市モノレールは9月と11月の計3日間、千葉市の観光体験プラン「千葉あそび」の一環として、萩台車両基地(千葉市稲毛区)の公開見学ツアーを開催する。

鉄道 企業動向
千葉都市モノレールは9月と11月の計3日間、車両基地見学ツアーを開催する。写真は千葉モノレールの最新型車両「アーバンフライヤー」。
  • 千葉都市モノレールは9月と11月の計3日間、車両基地見学ツアーを開催する。写真は千葉モノレールの最新型車両「アーバンフライヤー」。
  • 千葉都市モノレールは9月と11月の計3日間、車両基地見学ツアーを開催する。写真は千葉モノレールの1000形電車。
千葉市内の千葉モノレールを運営する千葉都市モノレールは9月と11月の計3日間、千葉市の観光体験プラン「千葉あそび」の一環として、萩台車両基地(千葉市稲毛区)の公開見学ツアーを開催する。

千葉駅から動物公園駅まで参加者専用の貸切列車で移動し、動物公園駅の近くにある車両基地でモノレール社員による解説を受けながら見学する。0形電車「アーバンフライヤー」運転席での記念撮影も予定している。

参加費は大人1500円・子供1000円。大人・子供各2人の家族セット料金(3000円)も設定されている。募集人数は25人(最少催行10人)、開催日は9月27日、11月3・22日で、午前の部(9時30分~11時30分)と午後の部(13~15時)に分けて行われる。ただし11月3日の午前の部は、9月11日時点で定員に達している。

申込みは各開催日の5日前の17時まで、「千葉あそび」ウェブサイトの申込みフォームなどで受け付ける。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集