アリアンスペース、2016年にスカパーJSAT通信衛星を打ち上げ

宇宙 企業動向
JCSAT-15とJCSAT-16
  • JCSAT-15とJCSAT-16
  • 2012年5月、JCSAT-13を打ち上げた際のアリアン 5 ECAロケット
2014年9月9日、アリアンスペース社は通信衛星『JCSAT-15』を2016年にAriane 5(アリアン5)ロケットで打ち上げる契約を締結したと発表した。

日本で多チャンネル放送「スカパー!」の配信などのサービスを行うスカパーJSAT社は、2016年度上期に静止通信衛星「JCSAT-15」を打ち上げる。衛星はスペースシステムズ・ロラール(SSL)社のSSL1300バスを元に製造され、Ku帯のトランスポンダを搭載する。打ち上げ重量は約3.4トン。東経110度の静止軌道上で日本全域、オセアニア、インド洋で放送サービスを行う。現在利用されている「N-SAT-110」の後継機となり、運用寿命は15年以上の予定。

アリアンスペースとスカパーJSATは、1989年に全身である日本通信衛星株式会社が日本初の民間通信衛星「JCSAT-1」をアリアン 4ロケットで打ち上げて以来、協力関係にある。SSL社はJCSAT-15に続いて同型の「JCSAT-16」を製造しており、打ち上げロケットの選定についてはまだ発表されていない。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース