羽田空港と成田空港、入国所要時間を3分に…ビジネスジェットの利用環境を整備

航空 行政

羽田空港(資料画像)
  • 羽田空港(資料画像)
  • 国土交通省、首都圏空港でビジネスジェットの利用環境を整備
  • 国土交通省、首都圏空港でビジネスジェットの利用環境を整備
国土交通省は、首都圏空港でビジネスジェットの利用を促進するため、羽田空港と成田空港でビジネスジェットの使用環境を整備する。

航空局では、ビジネスジェット受入の推進に取り組んでおり、今回、羽田空港で専用動線を整備するなど、首都圏空港での取り組みを加速させる。これにより、海外からのビジネスジェットによる訪日者数の増加効果を見込む。

羽田空港で、国際線旅客ターミナル内に専用CIQ施設などを備えた専用動線を9月30日から運用開始する。専用動線を利用することで、一般旅客の動線では10分~30分程度かかる入国時の所要時間を3分程度まで短縮できる。

国際線旅客ターミナル前の1スポットを、専用動線を利用するビジネスジェットに優先的に割り当てるよう運用を見直す。このほか、大型ビジネスジェットが駐機可能なスポットを2014年度末までに6機分増やし、現在ある3機分とあわせて合計9機分とする。

ビジネスジェット利用者は、専用動線と優先スポットをあわせて利用することで、空港内移動時間を30分程度短縮することが可能となる。

また、成田空港では、空港内を車両がより効率的に移動できる新たなアクセス道路を9月18日から運用開始する。これにより、ビジネスジェット専用ターミナルとビジネスジェット用駐機スポット間の移動時間が16分程度から8分程度に短縮される。

ビジネスジェットの乗降に利用可能な駐機スポットを2スポット増設し、9月18日から運用を開始する。このスポットを利用した場合、ビジネスジェット専用ターミナルまでの移動時間が5分程度に短縮される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集