JR四国、鳴門線でJリーグ観戦客向け臨時列車を運転…9月20・27日

鉄道 企業動向

JR四国は9月20・27日にJリーグ観戦客向けの臨時列車を鳴門~徳島間で運転する。写真は鳴門駅。
  • JR四国は9月20・27日にJリーグ観戦客向けの臨時列車を鳴門~徳島間で運転する。写真は鳴門駅。
JR四国は9月20・27日、鳴門総合運動公園陸上競技場(徳島県鳴門市)で開催されるJリーグJ1・徳島ヴォルティスのホームゲーム(19時からキックオフ)にあわせ、臨時列車を鳴門線・高徳線の鳴門~徳島間で運転する。

臨時列車の運転本数は、鳴門21時48分発~徳島22時43分着と鳴門22時23分発~徳島22時59分着の2本。いずれも試合の終了時刻にあわせた帰宅客向けの列車になる。鳴門21時48分発の列車は各駅に停車し、22時23分発の列車は途中、池谷・勝瑞・吉成・佐古の各駅に停車する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集